鉄道模型レイアウト紹介2-2.地方ローカル線ジオラマ

鉄道模型日記

2-2.JR上内線「葛梅駅」のご紹介(06/11/09の渡瀬さんの日記より)

レイアウトにおけるメインステーションが「葛梅駅」なのですがイメージはローカル線の中核駅といったところでしょうか?(ココロの中ではリゾート駅と思ってますが…)

<鉄道模型レイアウト紹介>
鉄道模型レイアウト紹介2

構成として、ホームは2本設置してあり、1番線、4番線、5番線 がホームとなっています。
1番線、5番線は引き込み線となっており、両番線間の往復運転 でワタシは遊んでいます。

<鉄道模型レイアウト紹介>
鉄道模型レイアウト紹介2

エンドレスで停車可能なホームは4番線しかありません。
今となってみれば3番線と4番線の間にホームを設置すればよかったかもしれません。

ストラクチャーは木造駅舎、対向式ホーム、跨線橋、島式ローカルホーム全てTOMIX製を使用しています。
父の要望では橋上駅舎にして欲しいといわれましたが無視しました(笑)
その代わりに跨線橋×2を繋ぎ合わせて使用しています。

<鉄道模型レイアウト紹介>
鉄道模型レイアウト紹介2

対向式ホームでは4両、島式ホームでは6両まで停車可能です。
駅スペースを稼ぐ為に両側に「N-CPR317/280-45、N-CPL317/280-45)を使用しています。
(ワタシはこのポイントがあることで使用スペースを有効活用できたと考えており、TOMIXレールを高く評価している最大の理由となります)