2.先頭車両に行き先方向幕を貼り付ける

車両の基本工作

付属品パーツを取り付けたら、次は「行き先方向幕」を貼り付けてみましょう。
行き先方向幕とは、先頭車両上部にある行き先を表示しているあれです。

車両によっては、取扱説明書に、行き先方向幕を前面窓ガラス部分に貼り付ける方法も
記載されていますが、やはり車両を分解して、窓ガラス内側の遮光ケース部分に
貼り付けた方がリアルに仕上がります。

車両を分解すると言うと、ちょっと難しそうですが、より実感的になりますので、ぜひ頑張ってください♪

先頭車両に行き先方向幕を貼り付ける

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
好きな行き先表示シールと列車番号表示シールを選んで切り取ります。
写真は、Tomix(トミックス)のE231系(総武線)です。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
行き先方向幕は、上の写真の様なシールの場合と、
左の写真の様なパーツに印刷済みの場合があります。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
好きな行き先表示を選んだら、先頭車両を分解します。

車両の分解は、車種によっていくつかのパターンがりますが、概ね、写真の様にボディの隙間を広げ、床下パーツを抜き取るように分解します。
床下パーツは、パカッと開く感じではなく、横方向にスライドさせる様に取り外します。
詳しくは、取扱説明書をご覧ください。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
ボディと床下パーツが分解できました。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
次に、ボディの遮光ケース部分を真っ直ぐ引っ張り出します。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
遮光ケースに、選んでおいたシールを貼り付けます。
シールの貼り付けには、ピンセットやつまようじを使うと便利です。

E231系(Nゲージ)の行き先方向幕の取り付け
シールを貼り付けたら、元通りに組み立てて完了です!
行き先方向幕があると、写真の様に、より実感的になります♪

行き先方向幕で、更にディティールUP!!
行き先方向幕をきちんと貼り付けて、あなたの鉄道模型をリアルに仕上げてください♪